石川県白山市の漢方薬局 いずみ薬局では漢方薬や健康食品を取り揃えております。

石川県白山市の漢方薬局 いずみ薬局

トップ トップ トップ 心と体にやさしい子宝相談

心と体にやさしい子宝相談

あきらめないで不妊症
妊娠する事は、あなたにとってどんな事ですか?「つらくて長い不妊治療のゴ−ル」そんなふうに答える人も多いかもしれません。ホルモン剤・排卵誘発剤による治療・人工授精、それでも妊娠しなければ体外受精・顕微授精……。治療のステップを上げていく方法は、今や不妊治療のセオリ-となっています。ここでもう一度考えて欲しい事があります。今、本当に必要な治療を受けているでしょうか? 選択肢は他には、ないのでしようか?

女性の体には、もともと「妊娠する力」が備わっています。いわば女性の本能です。その本能を守る働きのどこかに問題が生じ、うまく妊娠できないとしたら、まずは「影響を与える問題」を取り除く事が大切です。現代の不妊治療は素晴らしい進歩を遂げています。けれども「妊娠する力」「産む力」が低下しているのに受精卵だけ与えても、母体はうまく「命」を育む事ができません。

妊娠しやすい体づくり「周期調節法」
周期調節法は「月経期」「卵胞期」「排卵期」「黄体期」という4つの時期にわけ、それぞれの状態に合わせて、漢方薬を飲み分ける方法です。一種類の漢方をずっと服用するのでなく、数種類の漢方を周期に合わせて服用します。その方が体調が良くなり、より妊娠率が高まるのです。もちろん、お医者様の不妊治療を続けている方も、並行して行う事ができます。



「周期調節法」のメリット
最も重視しているのは「体づくり」です。もともと備わっている自然なリズムを取り戻す事で「自然に妊娠しやすい体」に導いていくのです。あるいは、子供がいらない人でも、体調を整える目的で行う事もあります。

「子宮内膜がフカフカな状態」で生まれてくる赤ちゃんは元気ですし、お母さんも楽に子育てができます。また体外受精に何度も失敗した人が、「周期調節法」で月経リズムを整え、再チャレンジしたら、すんなり成功した例が多数あるのです。すでに排卵誘発剤・ホルモン治療を受けている場合も、この方法を併用する事で、成功率を高めたり副作用を軽減する事が可能です。保険がきかない多額な治療費。その費用を「周期調節法」によって、経済負担を軽くすることができる事も、大きなメリットと言えるでしょう。周期調節法(漢方薬)にかかる費用……1カ月/8千円〜3万円位が目安です。

不妊症とストレス
当店ではカウンセリングに力を入れています。じっくりお話を伺う事からスタ−トです。不妊で悩むカップルの方は年々増えています。皆さん口を揃えて言われるのは「ゴ−ルが見えないマラソンだ」という事です。

子供が授からない女性にとって、またご夫婦にとって、精神的・肉体的負担は大変な物があります。私たちスタッフは特に「心のサポ−ト」をしてさし上げるように、ご相談をお受けしています。

おもな不妊の原因

★子宮の着床障害
子宮筋腫 子宮内膜ポリ−プ
子宮奇形 子宮内膜機能異常

★排卵障害
卵胞刺激ホルモン分泌低下
多嚢胞性卵巣症候群
高プロラクチン血症
黄体化非破裂卵胞症候群

★卵管障害
卵管閉塞・狭窄 卵管周囲癒着
子宮奇形 子宮内膜機能異常

★子宮内膜症
★子宮頸管の精子通過障害
★精子をつくる器官の障害(男性)

当店での嬉しい症例
○38歳女性、子宮筋腫があり、8年に渡り人工授精を5回・体外受精18回。精神的にも肉体的にも限界を感じて来店。不妊治療で疲れた体を元気にするため、漢方薬を飲み始める。2カ月後に筋腫の摘出手術。それから周期調節法開始。1年後19回目の体外受精で妊娠。女児誕生。

○排卵誘発剤を服用して1年経過するが妊娠できない。その後病院を変わり「高プロラクチン血症」と診断されテルグリド服用。嘔吐、めまいの副作用が続く。その後ご主人の精液検査で数も少なく運動率が悪い事も判明。夫婦そろって漢方薬を飲み始める。1年後自然妊娠。男児誕生。

○多嚢胞性卵巣症候群で排卵誘発剤・ホルモン剤服用したが改善されず、hMG注射したが卵巣過剰刺激症候群となり、卵巣が3倍に腫れあがる。病院で「妊娠がかなり難しい」と言われても諦めきれず来店。病院の治療と並行しながら、周期調節法を始め、8ケ月後に人工授精で妊娠。

ページの先頭へ戻る
お問い合わせ
漢方薬局
「いずみ薬局」
住所
〒929-0231
石川県白山市美川和波町カ142番1
電話
076-278-5332
営業時間
9:30〜19:00
定休日
毎週火曜日・祝日
店舗案内ページへ
リンク集